カプサイシンチキン

カプサイシンチキン

カプサイシンチキンとは

辛い鶏肉ではありません

カプサイシンチキンとは体内脂肪の積極的な
代謝分解作用のあるカプサイシンを添加する事
によって元気な鶏を育て上げました。
決して辛い鶏肉ではありません。

健康な体をつくる手助けをしてくれます!

かぜや感染症への抵抗が高まります。

ナス科植物の唐辛子に含まれる辛味成分です。
この辛味成分に好中球活性の効果が有り免疫細胞の活動を手助けして、かぜや感染症への抵抗が高まり、健康な体をつくる手助けをします。

カプサイシンチキン

農家の言い伝えからうまれた!?

製造開発元は、南紀白浜の温泉で有名な和歌山県白浜町の
「和歌山フーズファクトリー」 = 通称 WFF

健康的な鳥の育成に力をいれた同社 岩本社長が、
抗生物質の添加剤に出来るだけ頼らない鶏肉の開発を理念と、
「昔から、体調が悪くなったトリに、唐辛子をたべさせたら
元気になった」という、地元農家からの言い伝えを素直に
取り入れて作ってみたところ、良い鶏が育ったという事から
コチラの商品が開発されました。

ワンポイント
カプサイシンとは、正式には・・・
アルカノイド(窒素原子を含み、塩基性を示す天然由来の
有機化合物の総称)のうちのカプサイシノイドと呼ばれる化合物のひとつ。
唐辛子の辛味をもたらす主成分で、辛味の指標であるソコヴィル値における基準物質。

ウィキペディアより

体温上昇で健康なトリに!

そもそも、鶏は 辛さを 感じないのか?という疑問が出ると思いますが、辛さは、舌の味覚で感じるものではなく・・・

痛覚で感じるものだそうで、鳥は特に痛み(痛点が少ない)には鈍い生物だとされています。

恒温動物で・・・体温が高い鳥にとって、効果的に体温を上げることは、
食欲を邁進させ、より健康なトリに育つという狙いもあるようです。